仕事をしていく上で欠かせないのが名刺交換で、仕事上のお付き合いが多くなってくると名刺が溜まっていくことがあります。すぐに必要な名刺が探し出せなかったり、交換した相手を覚えていなかったりと自分で管理していると何らかのトラブルが起こることもあるのです。

しかし近年では法人携帯向けの名刺管理のアプリも充実し、スマホなどで撮影するだけで管理が出来ます。そこでビジネスチャンスを逃さない為に必要なおススメのアプリを紹介します。

目次

1.おすすめアプリ 「エイト(Eight)」

法人携帯に取り入れたい!おススメの名刺アプリ
1.エイトはSansan社が提供する無料の名刺アプリで、iPhoneとAndroidどちらでも使えるのが特徴です。受け取った名刺を手持ちの法人携帯で撮影し、送ったデータは全てオペレーターが手入力します。手入力を行うので精度を上げることができ、名刺の情報を誤って入力するミスが防げます

マルチデバイスにも対応しているので気が付いたときに名刺の情報をチェックすることもでき、画面をタップすれば名刺に記載されている電話番号に電話をしたり、メールアドレスを使ってメッセージを送信することも出来るのが魅力です。

お互いにエイトを利用していれば紙の名刺を交換する手間が省け、アプリ内でやり取りも可能です。またラベルを付けてグループごとに仕分けしたり、登録している人の役職や部署が変わったときには情報が更新されるので常に新しい情報をキャッチします。

法人携帯のスマホで登録する場合はエイトのアプリを立ち上げて貰った名刺をカメラで撮影します。外出先で撮影してその場で情報を送れるのです。撮影方法には連続スキャンとクイックスキャンの二種類があり、連続スキャンでは裏面も画像を取り込めます。

クイックスキャンは複数の名刺をまとめて撮ることができ、相手もエイトを使っていればデータ化をせずにその場で相手と繋がれるのも嬉しいポイントです。

2.おすすめアプリ 「CAMECARD BUSINESS」

おすすめアプリ 「エイト(Eight)」
高性能な名刺管理アプリとして注目されているのがCAMECARDで、世界中で最も利用者が多いとされているアプリです。法人携帯などで名刺を撮影するだけで情報をデータ化し、取り込んだ画像は自動的にトリミングもされます

さらに画像の補正も行われ、読み取った内容を自動認識し項目ごとに管理してくれます。CAMECARDには個人用と法人用のアプリがあり、法人携帯向けのサービスは「CAMECARD BUSINESS」です。元々CAMECARDは個人向けのアプリとしてリリースされていましたが、インターネット用のソフトやサービスを提供していたキングソフトとの提携によって実現したサービスです。

個人向けと法人向けのアプリはどちらも名刺を撮影するときには画面に表示される枠に従って撮影し、読み取った情報が正しいか確認します。法人携帯向けのサービスでは名刺管理だけでなくCRM機能があり、社内で情報を共有出来る仕組みがあります。

商談の情報やタスクを名刺のデータと関連付けて最新の情報を閲覧出来るようにしてくれるのです。部署ごとにアクセス制限もかけられるので他の部署の社員に名刺を見られてしまうというトラブルも防げるのが良い点です。

3.おすすめアプリ 「myBridge」

おすすめアプリ 「myBridge」
簡単でシンプルな名刺アプリはLINE社が提供するmyBridgeです。名刺の管理や登録は法人携帯などのスマホで名刺を撮影し、自動的に文字認識された内容とオペレーターが手入力した情報でデータ化します。データ化した情報は暗号化されるので個人情報もきちんと守られます

さらに手入力しているオペレーターには誰がアップロードした名刺なのか分からないようになっているので安心です。myBridgeでは一日に登録することが出来る名刺の数などには制限はなく、LINEで名刺の情報を共有出来るのが他のアプリと違う点です。

法人携帯に登録していない相手でも名刺の情報を登録していれば電話が掛かってきたときには相手の名前が法人携帯に表示されます。他の名刺アプリの情報もインポートすることができ、以前利用していたアプリから情報を移せます。

登録した内容は名前や社名、部署や役職から検索でき、社内のパソコンからも見れるので便利です。Excelに名刺を出力させることも可能なので必要な資料に貼り付けられます。

また全てのサービスが無料なので費用も抑えられるのです。導入時のコストや維持費を削減出来るのでコストパフォーマンスが良いアプリの一つです。

4.まとめ

法人携帯で名刺のアプリを利用する場合には、実現したいことが出来る機能があるものを選択します。社内の人脈を把握したいのなら社内の人脈を整理して可視化してくれるアプリを、大量の名刺をきちんと管理したいのなら簡単に登録が出来たりインデックスで検索する機能があるものを選びます。

法人携帯の他にパソコンでも使いたいならデータをパソコンにインポート出来るのかを確認しておくとスムーズです。それぞれのアプリのメリットとデメリットを把握してから取り入れるのが賢いやり方です。

コメントを残す