2大チャットツールとして企業の間で利用者が増加しているチャットワークSlackですが、名前を聞いたことがある方も少なくはないでしょう。

今回はそのうちでも日本人の起業家によって開発され、IT系の企業のみならず医療や介護、店舗や製造業などさまざまな所で使われているチャットワークについて機能やプランの解説をしていきたいと思います。

今までEメールを使っていた方も、こんな機能が欲しかったという方は仕事の効率化のためにも導入を検討してみてはいかがでしょうか。

目次

1.チャットワークがもつ機能

チャットワークがもつ機能
チャットワークの機能としてチャット、タスクの管理、ファイルの共有、ビデオ通話・音声通話、機能制限など様々な機能があります。それがどんな機能なのか説明していきます。

チャット機能

まずチャットです。チャットワークというようにチャットは基本の基本です。自分だけが見れるものから1対1で行うもの、部署単位やチーム単位で複数名が参加するグループチャットがあり、それらのメッセージはキーワード検索ができ、有料のプランではチャットのログをエクスポートする事が可能となっています。

インターネット上でできるチャットは端末に依存せず、ブラウザ版のアプリとモバイル版のアプリ、デスクトップ版のアプリがあるので、会社のパソコンから、自宅のタブレットから、外出先のスマートフォンからと場所を選ばず使用する事が可能です

タスク管理機能

次にタスク管理です。これはSlackにはない機能で、チャットワークの特徴とも言える機能です。タスクを作成し編集する事ができ、自分のタスクの管理や仕事の依頼に使え、タスクが完了した際には相手に通知して知らせます。

チャットとタスク管理が一つのサービスで行えるため、仕事の効率化を図る為には必要な機能です。そしてファイルの共有ですが、ワードやエクセル、画像ファイルなどの最大5GBまでのファイルをアップロードする事ができ、プレビューで見る事ができます。

そして自分がアップロードしたファイルは日付順に一覧で表示され、目的のファイルを見つけやすくなっています。ファイルとチャットが紐付いているため、ファイルをやり取りした時のチャットの履歴の確認を簡単に行う事が可能です。

ビデオ・音声通話機能

チャットワークのもう一つの特徴でもあるのがビデオ通話・音声通話です。ChatWork Liveと言い、チャット中に文字だけでは伝えきれない状況の時にすぐに通話ができ、複数人でのビデオ通話も可能なので、離れた場所での会議には使ってみたい機能です。

また、パソコンの画面を共有できるため、資料や提案書を見せながら説明をすることができ円滑な会議を行える、そんな機能になっています。

その他の機能

情報の漏洩や不正なアクセスが心配という方に、エンタープライズプランのみで利用可能な機能も用意されています。社外ユーザーとのやりとりを制限したり、不正なアクセスをブロック、機密ファイルの送信受信を禁止したり、専用のURLからのログインしかできないように設定する事も可能です。

このほかにもメールアドレスやIDで検索したユーザーを追加したり、招待できるコンタクト管理。メッセージの受信を知らせる通知。自分のプロフィール画像を設定し、公開範囲を設定する事ができるプロフィールなどの機能もあり、コミュニケーションツールとして社内の連携をとる為に有効なビジネスチャットツールになっています。

2.無料からあるチャットワークのプラン

無料からあるチャットワークのプラン
チャットワークのプランはフリー、パーソナル、ビジネス、エンタープライズの4種類あります。それぞれで使える機能の上限と金額が変わってきますので、自分に合ったプランを選んでみて下さい。

月々0円のフリープラン

まずは無料で試してみたい方に月々0円のフリープランがあります。

コンタクトの無制限、グループチャットは最大14名まで、ビデオ通話は1対1のみ可能で、データ保容量が5GBまでです。次にパーソナルプランですが、月々1ユーザー400円でコンタクトやグループチャットの無制限、最大14人までのビデオ通話が可能になり、ファイルの保有量が10GBまでになります。

月々500円のビジネスプラン

さらに月々500円のビジネスプランになると、パーソナルプランと同じコンタクトやグループチャット、ビデオ通話の他にデータ保有量が1ユーザーにつき10GBになります。

そしてユーザーの管理が行えるようになり、管理者はユーザーが退職した場合などはアカウントを削除する事ができ、ユーザーの利用状況を確認する事も可能です。

月々800円のエンタープライズ

最後に月々800円のエンタープライズですが、ビジネスプランの機能の他に、社外ユーザー制限や端末制限、専用URL機能やファイルの送受信制限など機能制限を行えるようになります。また、法人携帯で有料のプランを選んだ場合の支払いは管理者がまとめて行います。

3.まとめ

通信手段として電話だけだったのがEメールやSkype、LINEとどんどん新しい物がでてくる中、少し前までは個人で使われていたチャット機能もここまで進化し、効率化やフリーペーパー化などのメリットは数えればきりがありません。

もちろんメリットだけでなくシステム障害などのデメリットもありますが、それ以上のものがあるのではないでしょうか。まずはフリーのプランをお試しで使ってみてその後どうするかを検討してみるのもよいかもしれません。

コメントを残す