現代社会で汎用されているアプリとしてLINEがあります。

社員の中でもかなりの数の人が個人として利用しているアプリですが、法人として活用するという考え方を持つと様々なメリットが生まれるでしょう。

法人携帯を導入すると社員が皆、スマートフォンを使えるようになります。
その状況を有効活用できるアプリの一つとして検討してみるのが大切です。LINEはビジネスではどのような形で活用できるアプリになっているのでしょうか。

目次

1.LINEをビジネスで導入するための基礎

アプリとしてLINEを導入すると有効活用できる法人携帯
LINEはアカウントを持っている人同士が自由にコミュニケーションできるようにするためのツールとして活用されています。個人間での利用が一般的ですが、LINEでつながることができれば誰もが誰とでもコミュニケーションを取ることが可能です。

法人が利用するのはもともと前提としていなかったものの、リクルーティングやマーケティングのために利用されるようになってきています。また、ビジネスでの利用方法として個人アカウントを社員に取得させて活用する事例も登場してきました。それを受けて、LINEの兄弟会社であるワークスモバイルが法人向けのLINEとしてLINE WORKSを提供しています。

LINE WORKSはLINEのインターフェースを踏襲し、LINEとほぼ同じように扱えるアプリですが、法人にとってメリットが大きくなるように機能を拡張しているのが特徴です

LINEで特徴的なトーク機能を自由に利用できるようになっていて、スタンプなどの送受信も行えます。ファイルや写真などもやりとりできる利便性のコミュニーケーションツールであることに代わりはありません。

また、カレンダー、アーカイブなどの機能が使えますが、アドレス帳も日本企業文化に則した形で必要情報を簡単に入力できるようになっています。一方、LINEに連携しているのでLINEのアカウントとのトークをすることができますが、そのためには管理者の許可が必要という仕組みになっているのがLINE WORKSの特色です。

LINE WORKSのアカウントを利用して社員が勝手に消費者とつながってしまい、トラブルを起こすような事態を回避することができる仕組みになっていると言えます。セキュリティーについては特にLINE WORKSは充実していて、一般的なビジネスレベルのセキュリティーレベルを保っています。

それに加えて管理機能やモニタリング機能が充実していて、端末の紛失があったときに遠隔で情報を削除できるようにして情報漏洩リスクを下げられるようにしたり、ファイルのダウンロード制限などの機能によりビジネス目的外の利用を妨げたりできるようになっているのが特徴です。

2.活用の手段とメリットとは

活用の手段とメリットとは
法人携帯のアプリとしてLINEを使おうと考え、LINE WORKSを導入しようとすると費用はかかります。ライト、ベーシック、プレミアムの三種類のプランが提供されていて、それぞれで若干機能の違いがあることから、よく比較して選ぶことは必須です。

大きな違いとなっているのはメール機能とDrive機能の存在と容量の違いであり、ビジネス目的で使う上では上位のプランに入っておくと活用の幅が広がるでしょう。KDDIやSoftbankによってLINE WORKSとの提携プランも提供されていて契約もしやすくなっています

年額プランで支払いをすれば費用はワークスモバイルと直接契約するのと変わらないため、法人携帯を導入するときに同時にKDDIやSoftbankと契約してしまうと経理的に負担が少なくなるでしょう。

活用の手段には様々なものがありますが、最も典型的なのは気軽に使えるコミュニーケーションツールとしての利用です。LINEに慣れている世代が多い現場では特に有用であり、隙間時間にコミュニーケーションをとってもらうことができます。

その履歴を上司が確認することで現場の状況を把握し、新しい方針を打ち出すといった形で現場の指揮を円滑に行えるようになるのも魅力です。

一方、テレワークにも活用可能できるので、在宅勤務や外勤のスタッフを雇うときにはメリットが大きくなります。また、個人のLINEアカウントをビジネス目的で使うことがなくなり、情報漏洩リスクを減らせるのもメリットです。

3.LINEのビジネス活用まとめ

アプリを効果的に利用できるシステムを作れるかどうかは法人携帯で社員にスマートフォンを持たせる意義を大きく左右します。現代社会では頻用されているLINEを取り入れるのはコミュニーケーションの活性化に効果的であり、そのためのサービスもLINE WORKSという形で利用可能です。

現場の業務効率化につながるだけでなく、セキュリティー面でもメリットが大きいアプリとなっています。法人携帯の導入のときには同時に契約することを考慮してみましょう。

コメントを残す